最新常識は太陽光こそ身体にいい

query_builder 2022/03/16
ブログ
高原の光

 春が近くなって陽の光が温かくなってきましたね。

命が芽吹き生まれ育ついい時期です。


人も地球の生き物の一部。

なので

私たちは気づかないうちに太陽の恩恵をたくさん受けているんですよ。


 夏の間太陽の下で沢山遊んだ子は風邪をひかないとよく言いますが

それは、太陽光から皮膚でビタミンDを作り

免疫力をあげるホルモンや骨を作るホルモン

体内バランス調整ホルモンなどなどが腸に生まれるからです。

世界でも日照時間の長い地域ではガンの患者が少く

平均寿命も長いのも事実。


 ひなたぼっこやお散歩がいいのは

気持ちいいとか運動不足解消にいいっていうだけではないんですね。


 そのほんの一部のご紹介になりますが

お肌のコラーゲンの産生を促進して美肌に。

太陽の遠近赤外線で身体の深いところの血流にも届いて温め

全身の血流促進で痛みやこわばりを緩和。


 そこから女性のお腹全体のお悩みの緩和にもつながります。

子宮や卵巣も血流で温まるので

生理不順や生理痛、生理前の体調不良(PMS)や

冷え性、低体温などにも効果が見られます。

子宮や卵巣も温まるので、ホルモンバランスの正常化や

不妊の原因のいくつかのサポートにもなるんです。


 事実、結婚前に妊娠は難しいと診断された方のこと

できることはやってみたいということで

当店の人工太陽光線の照射に通われ(週2回、3か月ほどのペースで)

その後ご結婚され、数か月のうちに妊娠されたんですよ。

もちろん他にもたくさんのご努力はされていたとのことですが

ドクターも不思議だと言われたそうです。



 そうはいっても日焼けによるお肌の老化は?

という疑問もおありですよね。

実は、太陽光は肌細胞を変質させる波長以外に

肌の痛んだ細胞の修復する波長も含まれているんです。

なので

初夏から真夏の強い日差しのもと

激しくとか何度も日焼けするのでなければ

日中はUV対策を正しくして

15分前後は太陽光にあたって

日向ぼっこやお散歩、旅行などレジャーで

健康促進する方が価値があります。

朝の光ならもう少し長くてもとてもいいですよ。


 最新の太陽光と体の関係は

一昔前の肌に危険から肌を含む健康に有効というのが

エビデンスをもってだんだん常識になってきているということ。

気持ちよく手軽な健康促進に太陽光を利用してみてくださいね。


 






NEW

  • ワキ脱毛でキレイになるのがうれしいです

    query_builder 2022/06/11
  • ブライダルエステは希望に合わせてくれて心配なし

    query_builder 2022/06/08
  • 気になる頑固なシミも光線とお手入れで

    query_builder 2022/06/01
  • 太陽光で皮膚がん?のホント

    query_builder 2022/05/29
  • 太陽光線で自然な糖質制限

    query_builder 2022/03/17

CATEGORY

ARCHIVE